個人のお客様 | 天王寺駅から徒歩5分 新都法律事務所

お問い合わせ

tel06-7777-4360

受付時間
平日10:00〜20:00
土日祝もメール対応可能

ご予約いただければ
受付時間外の対応可能です

インターネット問題

近年、インターネットを介した人権の侵害事件が激増しております。
特に、個人のプライバシーを侵害する個人情報の漏洩リベンジポルノなど、刑事罰の対象ともなり得ます。
私たちはこれらの問題に対し、刑事、民事の視点から依頼者の保護を徹底し、必要に応じて裁判も含め、適切な対応をさせていただきます。

 

相続

相続が「争続」と表現されるのは、弁護士による交渉のプロフェッショナルを介入させずに当事者同士で紛争を解決しようとすることが原因だと考えます。
相続は、被相続人が死亡してからがスタートではなく、遺言書の作成や後見など、生前の対策の有無が紛争防止に役立ちます。
弁護士として「争続」にならないアドバイスをさせていただきます。

 

不動産

建物明渡要求、立退き請求、原状回復に関するトラブルなど、不動産に関するトラブルについてもご相談可能となっております。
紛争の解決は当然のこと、紛争を未然に防ぐ予防法務のご相談も承ります。

 

起業、副業サポート

こと企業では、まずは売り上げ確保が目下の課題となり、弁護士介入の必要を感じないかもしれません。
しかし、企業の初期段階から取引先との契約や紛争防止含め、押さえておくべきポイントは多く、トラブルが生じてからご相談に来られる方が多いのが実情です。
紛争の防止には弁護士によるリーガルオピニオンが不可欠です。

 

労働問題

残業したのに残業代が支払われない・・・上司にパワハラを受けている・・・退職勧告を受けた、など労働に関する不利益に対して、弁護士の介入は非常に有効です。
残業代請求、パワハラに対する損害賠償など、法律を駆使した法的対応により依頼者の権利を守ります。

 

刑事事件

刑事事件はスピードが何より大切です。
逮捕されてからは一秒でも早く弁護士を入れて自身の権利を主張する必要があります。
警察による恣意的な調書が作成されてしまうと、裁判に大きく影響を受けてしまいます。
ご家族からのご連絡でも構いません。

 

債務整理、破産

「借金の返済が追いつかない」そのようなとき、破産以外にも手続きがあることをご存じでしょうか?借金の総額や、社会的立場、住宅の有無など、ご状況は一人一人異なります。
あなたに適した債務整理手続きをご案内させていただきます。

 

その他一般民事

離婚・交通事故など、民事に関するすべてのお悩みごとに対応は可能です。
法律相談に関するお悩みはお気軽にご相談ください。

お問い合わせ

ご相談やサービスに関する質問など、
お気軽にお問い合わせください。